Newsroom

2019年12月11日
2019年10月24日~27日 インテルの国内パートナー FPV Robotics
第46回 東京モーターショー2019
500機のインテル® シューティング・スター™ ドローンライトショー
「CONTACT」を開催しました。

FPV Robotics 株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:駒形政樹)は、パートナーである米国インテルとコラボレーションして、一般社団法人 日本自動車工業会(会長:豊田 章男)が主催する「第46回東京モーターショー2019」における新たな試みとして、「ドローンライトショー」を東京お台場において10月24日(金)から10月27日(日)までの4日間の会期で開催し、連日沢山のお客様にご来場いただきました。

インテルの世界最先端のテクノロジーと空飛ぶクルマ研究開発やドローン事業に特化した企業のFPV Robotics、そしてクリエイティブディレクター小橋賢児氏が手掛ける全く新しい体験型のナイトショーとなりました。

 

開催概要
・開催名称:第46回東京モーターショー2019
FUTURE DRONE ENTERTAINMENT Intel® Drone Light Show “CONTACT”
・主催:一般社団法人 日本自動車工業会
・後援:東京都
・協力:インテル コーポレーション
公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
・開催日時:10月24日(木)~27日(日) 18:30~19:00
・開催場所:お台場「夢の大橋」上空(青海~有明間・シンボルプロムナード公園内)
〒135-0064 東京都江東区青海1丁目4 (入場無料)
・詳細URL:https://www.tokyo-motorshow.com/event1/drone_show/

 

 

FPV ROBOTICSの代表取締役社長の駒形政樹は次のように述べております。

「FPV ROBOTICS は、創業時より一貫して、ドローンを活用して社会創造に貢献することをミッションとしてきました。今回の取り組みによる成功によって、新たなドローン×エンターテインメント産業を構築するための大きな第一歩を踏み出すことができたと実感しています。
盛会のうちに終了することができましたのも、ひとえに関係者皆様様のご支援あってのことと改めて感謝いたしております。
今後、サービス加速に向けて、インテルを中心としたパートナーをはじめ、様々な企業とのコラボレーションによる技術開発とサービス設計をますます加速してまいります。」

 

 

インテル® Shooting Star™とは
インテル コーポレーションは、自社創立50周年を記念し、ギネス世界記録™となる2000機以上ものインテル® Shooting Star™ドローンを飛行させた実績を持つなど、輝かしい実績を誇ります。同社は、一人のパイロットの操縦で数百ものインテル® Shooting Star™ドローンを飛行させることが可能な「ライト・ショー」という全く新しいエンターテインメントを提供した企業であり、40億ものカラー・コンビネーションを実現可能な、エンタメ専用のドローンにてショーを実現しています。

 

第46回東京モーターショー2019とは
今回の東京モーターショーは、「OPEN FUTURE」をテーマに、業界を越えて世界8ヵ国、総勢192企業・団体*が参加、オールインダストリーで「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」まで領域をひろげ、ご来場の方々に未来のモビリティ社会をお届けする新たなモーターショーに生まれ変わりました。

 

会社概要
会社名   FPV Robotics 株式会社
設立    2015年9月16日
資本金   30,000千円(資本準備金含む)
事業内容  空飛ぶクルマ・ドローンに関する研究開発、企画運営、製造販売
代表者   駒形 政樹
所在地   〒150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-38-3

 

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:
FPV ROBOTICS 広報部
info@fpvrobotics.com