ドローンテクノロジーで社会創造に貢献する

FPV ROBOTICSは、
「ドローンの活用によって、よりよい社会創造と、モビリティ未来社会」の実現を目指します。

CEO
駒形 政樹
大学卒業後、広告会社にてメディア開発や企業のデジタルマーケティング支援活動に従事。2015年に、FPV ROBOTICSを起業し、日本初、FPVドローン競技会「ドローンインパクトチャレンジ」を開催。2016年には、国家戦略特区域の構成員として選出され、アジア8か国からトップパイロットを招き世界初、ドローン競技会アジアカップを開催。国土交通省主催「UAV競技会」審査員、JR東日本「モビリティ変革コンソーシアム」空飛ぶクルマ勉強会幹事、東京大学大学院工学系研究科・聖光学院中学校高等学校非常勤講師などを兼任。
会社概要
会社名 FPV Robotics 株式会社
設立 2015年9月16日
資本金 30,000千円(資本準備金含む)
事業内容 空飛ぶクルマ・ドローンに関する研究開発、企画運営、製造販売
代表者 駒形 政樹
所在地 〒150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-38-3
所在地
本社
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-38-3